chuo@8008amen.com


バックナンバー

旧約聖書
新約聖書
マタイによる福音書
マルコによる福音書
(章) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16
バックナンバー
ルカによる福音書
ヨハネによる福音書
使徒行伝
ローマ人への手紙
コリント人への第一の手紙
コリント人への第二の手紙
ガリラヤ人への手紙
エペソ人への手紙
ピリピ人への手紙
コロサイ人への手紙
テサロニケ人への第一の手紙
テサロニケ人への第二の手紙
テモテへの第一の手紙
テモテへの第二の手紙
テトスへの手紙
ピレモンへの手紙
ヘブル人への手紙
ヤコブの手紙
ペテロの第一の手紙
ペテロの第二の手紙
ヨハネの第一の手紙
ヨハネの第二の手紙
ヨハネの第三の手紙
ユダの手紙
ヨハネの黙示録
マルコ 1章1〜13節     2019年1月20日

神の子イエス・キリストの福音のはじめ。(1)

 今日からマルコによる福音書に入ります。マルコによる福音書は四つの福音書の中でも一番古いものと言われています。ここには「力あるしもべ」としての主イエスの姿が描かれ、強さ・権力・力などに価値を置くローマ人が読み手に多かったのではないかとされています。
 マルコによる福音書は、主イエスの誕生物語には触れません。いきなり、主イエスの公生涯から書き進めていきます。「神の子イエス・キリストの福音のはじめ」。福音とは良い知らせのことです。マルコは良い知らせについて書こうとしています。そしてこの良い知らせは神の子であるイエス・キリストと関係していることです。まさにこの福音は主イエスによって私たちにもたらされたのです。
 神はイザヤ書に記されている通り、救い主が来られる前に道備えをするためにバプテスマのヨハネを遣わされました。そして主イエスもまたヨハネからバプテスマを受けました。主は王として、またしもべとしてその歩みを始めようとしておられたのです。

マルコ 1章14〜20節     2019年1月21日

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。(17〜18)

 主イエスはガリラヤでその宣教をスタートされました。主イエスが語られたのは「時は満ちた、神の国は近づいた、悔い改めて福音を信ぜよ」ということでした。「時は満ちた」とは旧約聖書の約束が成就する日が来たことをあらわしています。「神の国は近づいた」とは神の支配、神の救いが来たことを示しています。だからこそ、その神の支配の中に入るために、「悔い改め」て神が用意してしてくださった救いを「信じる」のです。
 主イエスはガリラヤ湖畔で、漁師たちに声をかけられます。「わたしについてきなさい。あなたがたを人間をとる漁師にしてあげよう」。主はペテロとその兄弟アンデレ、ヤコブとその兄弟ヨハネを召し出されます。そしてご自身と一緒に歩む生涯を始めるようにと招かれたのです。そして、主はご自身について来る者を人間をとる漁師、神のすばらしさを伝えて、人々を神さまのところに立ち帰らせるしもべとして用いてくださるのです。 

マルコ 1章21〜28節     2019年1月22日

人々はみな驚きのあまり、互に論じて言った、「これは、いったい何事か。権威ある新しい教だ。けがれた霊にさえ命じられると、彼らは従うのだ」。(27)

 主イエスはカペナウムの会堂で人々を教え始められました。人々はその教えに驚きます。それはその当時の聖書の教師だった律法学者たちのようにではなく、「権威ある者のように」教えられたからです。その当時の一般的な教師たちは、自分の言葉で語るのではなく、多くの先達たちの言葉を引用し、先人たちの権威を借りながら話をしました。しかし、主イエスは借り物ではない、自らの言葉を用いて大胆に語られたのです。
 また主イエスの言葉には力がありました。主イエスが汚れた霊に命じられると、汚れた霊が主イエスの言葉に従ってその人の中から出ていったのでした。
 ですから主イエスの言葉を聞こうとして、人々が集まってきました。主イエスの言葉には今も権威があります。主イエスの言葉を聞き、その言葉に信頼し、またそれに従うことです。主イエスの言葉には命があり、私たちの生涯を造り変えて行くからです。



礼拝メッセージ
毎週日曜日の
礼拝での
メッセージから


生活の処方箋
日々を楽しく過ごす
ためのヒントが
ここに