chuo@8008amen.com


バックナンバー

旧約聖書
新約聖書
マタイによる福音書
マルコによる福音書
ルカによる福音書
ヨハネによる福音書
使徒行伝
(章) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ローマ人への手紙
コリント人への第一の手紙
コリント人への第二の手紙
ガリラヤ人への手紙
エペソ人への手紙
ピリピ人への手紙
コロサイ人への手紙
テサロニケ人への第一の手紙
テサロニケ人への第二の手紙
テモテへの第一の手紙
テモテへの第二の手紙
テトスへの手紙
ピレモンへの手紙
ヘブル人への手紙
ヤコブの手紙
ペテロの第一の手紙
ペテロの第二の手紙
ヨハネの第一の手紙
ヨハネの第二の手紙
ヨハネの第三の手紙
ユダの手紙
ヨハネの黙示録
使徒行伝 7章1〜8節     2020年1月1日

わたしたちの父祖アブラハムが、カランに住む前、まだメソポタミヤにいたとき、栄光の神が彼に現れて、仰せになった、「あなたの土地と親族から離れて、あなたにさし示す地に行きなさい」。(2〜3)

ユダヤ人のサンヒドリン(宗教議会・いわゆる「七十人議会」)において、訴えに対する弁明を許されたステパノは口を開いて語り出します。ステパノはここで自分が危害を加えられないために命乞いをしているのではありません。自分が聞いて信じた主イエスの福音のエッセンスをここで大胆に語るのです。
 そもそもの始まりはアブラハムでした。彼がまだメソポタミヤにいたときに、栄光の神が彼にご自身をあらわして、御言を語られました。アブラハムは主の言葉に従って、メソポタミヤを出るのですが、その後、カラン(ハラン)にとどまっていたアブラハムに主は再び語りかけて、イスラエルの地に導かれたのでした。アブラハムが神に導かれて来た時には、まだ彼は少しの土地も持っていませんでした。まだ神殿もない時に、主はアブラハムと契約を結ばれました。主はどこにおいても私たちに語られます。主は全地の主だからです。

使徒行伝 7章9〜16節     2020年1月2日

族長たちは、ヨセフをねたんで、エジプトに売りとばした。しかし、神は彼と共にいまして、あらゆる苦難から彼を救い出し、エジプト王パロの前で恵みを与え、知恵をあらわさせた。(9〜10)

 さて、アブラハムがメソポタミヤにいたときに、主はアブラハムに語られたのですが、時代はアブラハム、その子イサク、その子ヤコブと進んでいきます。ヤコブには十二人の息子たちがいました。しかし、十人の息子たちは弟のヨセフをねたんで、彼をエジプトに売り飛ばします。この話はイスラエル人であれば誰でも知っている話です。
 ステパノは言います。「しかし、神は彼と共にいまして」。ステパノは確かにエルサレムで宗教裁判にかけられていました。エルサレムは主がその名を置かれた都であり、その神殿は主の臨在を表すものでした。けれども、主はヨセフが売り飛ばされた先のエジプトでも彼と共にいて、彼を救い、彼に恵みを与えてくださいました。ヨセフがたまたま運がよかったとか、パロ王とウマがあったということではなく、主がエジプトでの苦難の中にあってもヨセフと共にいてくださったのです。

使徒行伝 7章17〜22節     2020年1月3日

神がアブラハムに対して立てられた約束の時期が近づくにつれ・・・(17)

 アブラハムの子孫たちはヨセフの時代にエジプトに移住しました。そして神は、ヨセフと共にいたように、イスラエルの民とも共にいてくださいました。ただ、エジプトでのイスラエルの民は奴隷にされ、非常に厳しく苦しい時代を通ります。しかし、主はアブラハムに対する約束を覚えておられました。確かに歴史的には四百年にわたって、イスラエルの民はエジプトに住みました。けれども主はアブラハムとの約束をちゃんと覚えておられたのでした。
 ここで鍵になるのは、神の「約束」であり、またその約束に対する神の真実でした。エジプトの王パロが、イスラエルに生まれた男の子を生かしておかないと決めた中で、主はモーセの命を守り、イスラエルの民に対して厳しい態度をとっていたパロのすぐそばに置いて、彼を守り、彼を育てられたのでした。神は最初から時を定めて、その約束を成就しようとしておられました。神が備えられた大逆転の時が来ようとしていました。

使徒行伝 7章23〜29節     2020年1月4日

四十歳になった時、モーセは自分の兄弟であるイスラエル人たちのために尽すことを、思い立った。(23)

 モーセは九死に一生を得て、それだけではなく運命の大逆転を経験し、パロの子としてエジプトの最高の学問を身に付けました。しかし、彼が四十歳になった時、彼は自分の兄弟であるイスラエル人たちのために生きるという決断をします。彼がエジプト人の中で、エジプト人の一人のように教育を受けながら、イスラエル人としてのアイデンティティーを失わなかったのは大きな驚きです。彼が乳離れするまでイスラエル人の両親の下で育てられたことが彼の人間形成に大きな影響を与えたのでしょう。
 奴隷であったイスラエル人のために生きるということが何を意味するかをモーセも理解していたはずです。ある意味、モーセにとって、それは命がけの後戻りできない決断でした。けれども、イスラエルの民はモーセを自分たちの仲間、自分たちを救い出してくれる民のリーダーとは受け入れてくれませんでした。神はなおも時間をかけようとしておられました。 

使徒行伝 7章30〜34節     2020年1月5日

四十年たった時、シナイ山の荒野において、御使が柴の燃える炎の中でモーセに現れた。・・・主の声が聞えてきた、「わたしは、あなたの先祖たちの神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である」。(30〜32)

 モーセはミデアンの地に逃れ、そこで結婚し、子どもが生まれ、四十年という時を過ごします。彼にはもうエジプト人として生きる道は残されていませんでした。かと言って、彼はイスラエル人としても受け入れてもらえなかったのです。モーセはミデアンの野で羊飼いとして生きていました。エジプト人として生きてきた期間と同じ時間を羊飼いとして過ごす中で、エジプトでの豊かな生活や、イスラエルの民を救おうとするビジョンに燃えた頃のことなどとっくに忘れてしまっていたことでしょう。
 しかし、主はミデアンの荒野においてモーセにご自身を示し、彼に語りかけられたのでした。神は、燃える柴に近づいてきたモーセに対して、「あなたの立っているこの場所は聖なる地である」とおっしゃいました。ステパノはエルサレムの神殿だけではなく、神が様々な場所でご自身を示してこられたことを次々に聖書から明示していくのです。

使徒行伝 7章35〜38節     2020年1月6日

この人が、シナイ山で、彼に語りかけた御使や先祖たちと共に、荒野における集会にいて、生ける御言葉を授かり、それをあなたがたに伝えたのである。(38)

 神はご自身の器としてモーセを召してお用いになりました。神は、エジプトにおいても、紅海でも、また荒野でも、奇跡としるしをもってご自身を示されました。神はシナイ山のふもとにイスラエルの民を導いて、「荒野における集会」で「生ける神の御言葉」を民に伝えられたのでした。神は天地万物を造られた方ですから、世界を支配し、どこにおいても民に近づくことがおできになり、民に語ることがおできになります。
 アブラハムも、モーセも、ユダヤ人たちが愛し敬っている人物たちです。神は彼らに対しても様々な場所でお語りになりました。そしてモーセは、神がやがて「ひとりの預言者」をお立てになると、神が送られる救い主についても預言したのでした。
 大切なのは、どこにあっても、神が語られる御言に聞き従い、神が遣わされる救い主を受け入れ、そのお方にすがることなのです。

使徒行伝 7章39〜43節     2020年1月7日

ところが、先祖たちは彼に従おうとはせず、かえって彼を退け、心の中でエジプトにあこがれて・・・ (39)

 神は荒野においてモーセを通してイスラエルの民に語られました。しかし、民はエジプトにあこがれ、エジプトでの生活を慕って、自分たちのために神を造って拝んだのでした。彼らは子牛の像を拝み、また様々な偶像や天の星を拝みました。彼らはエジプトにいた奴隷としての生活を引きずっていったのです。
 イスラエルの民は四十年間、荒野を歩みました。それは彼らが神に従うことをせず、神に信頼することをしなかったからです。そして、その四十年間の荒野の歩みにおいても彼らは何度も何度もモーセを困らせました。彼らは単にモーセを拒んだのではありません。モーセを召し、モーセに御言をゆだねられた神を退け、拒んだのです。
 そしてモーセを拒んだイスラエルの民は、やがて人となってこの世に来てくださった主イエスをも拒むことになります。大切なことは、語られる主の言葉をよく聞いて従うことなのです。



礼拝メッセージ
毎週日曜日の
礼拝での
メッセージから


生活の処方箋
日々を楽しく過ごす
ためのヒントが
ここに